布団乾燥機の電気代って高いの?安いの?節約する方法ってある?

 

布団乾燥機を使ってみたいと考えている人はたくさんいると思います。

ただその中には、

「布団乾燥機の電気代は高いのかな?安いのかな?」

と疑問に感じている人もいるでしょう。

 

そこでこの記事では、布団乾燥機の電気代が高いのか安いのかということや、電気代を節約する方法について詳しく解説していきます。

 

そもそも布団乾燥機の効果は?

 

では布団乾燥機の電気代について解説する前に、まずは布団乾燥機の効果について詳しく見ていきましょう。

 

布団を温める

布団乾燥機に温め機能が付いている場合には、布団に温風を送ることができるため、常に暖かい布団で眠ることができます。

特に冷え性の人は、布団が冷えているせいで中々眠れなくなってしまう事もあるでしょう。

しかし布団乾燥機を使う事で、かなり冷え込む時期でも深い睡眠を取ることができるのです。

 

ダニの繁殖を防ぐ

布団乾燥機は、ダニの繁殖を防ぐという効果もあります。

ダニというのは、湿度が高い場所で繁殖する傾向にあります。

「布団は常に湿度が高いわけではないでしょ?」

と思う人もいるでしょう。

 

しかし私たち人間は、寝ている間に物凄い量の汗をかきます。

これがジメっとした環境を作る原因になり、ダニが驚異的な速さで増えてしまうのです。

 

そこで布団乾燥機を使うことで、布団の湿度を下げることができますし、ダニが繁殖しにくい温度まで布団を温めることができるため、快適に眠りにつくことができるのです。

 

布団乾燥機の電気代は高いの?安いの?

 

布団乾燥機の電気代というのは、どちらかというと高い部類に入ります。

というのも、布団乾燥機の消費電力を680Wとして、電気代を1kWhあたり27円として換算すると、大体1時間当たり18.4円という計算になります。

布団乾燥機を使用して布団が完全に暖まり、乾燥するためには30分~1時間ほどかかりますので、毎日使う場合には大体250円から550円程度電気代が上昇してしまうのです。

これを年間で考えると、3,300円から6,600円程の上昇になるため、どちらかというと高いと言えるでしょう。

 

布団乾燥機の電気代を抑える方法は?

 

とはいえ、布団乾燥機の電気代を抑える方法も存在するのです。

仮に布団乾燥機を使って、快適な布団で眠りたいと思っている場合には、これから紹介する2つのコツを実践してみてください。

 

ダニ退治モードを使用しない

まずはダニ退治モードを使用しないということです。

ダニ退治モードを使うと、どうしても完了するまでに時間がかかってしまいます。

そのため、必然的に電気代が上がることになってしまうのです。

 

とはいえ、ダニ退治を目的として布団乾燥機を使っている人もいるでしょうから、全く使わないということはできませんよね。

そのため、毎日ダニ退治モードを使用しているのであれば、2日に1回、3日に1回というように、頻度を下げてみることをおすすめします。

 

使用頻度を下げる

続いては、布団乾燥機自体の使用頻度を下げるということです。

布団乾燥機を使えば、毎日暖かい布団で眠ることができるのですが、その分電気代が上がります。

なので先程も解説したように、数日に数回程度のペースで利用することで電気代を抑えることができるのです。

 

布団乾燥機にも種類がある?選び方にコツはある?

 

これから布団乾燥機を購入するという人もいると思いますが、布団乾燥機にも種類があります。

では、一体どのような種類があるのかということや、布団乾燥機を選ぶコツはあるのかということについて、詳しく見ていきましょう。

 

マットタイプ

まずはマットタイプです。

これは布団乾燥機がマットのような形になっている乾燥機のことです。

このタイプを使うことで、布団を隅から隅まで暖めて、乾燥させることができるのです。

 

マットなしタイプ

続いてはマットなしタイプです。

マットなしタイプのメリットは、何といってもコンパクトであることです。

布団にさっと挿入して、すぐに乾燥を始めることができるため、気軽に使用することができるのです。

 

対応している素材を確認

布団乾燥機を選ぶ場合には、その布団乾燥機がどの素材に対応しているかも確認しておくことが大切になります。

最近の乾燥機は、ほとんどの製品に対応していることが多いのですが、素材ごとで推奨乾燥時間が異なる場合もありますので、事前にチェックしておきましょう。

 

布団乾燥意外に使えるかを確認

続いてのコツは、布団乾燥機以外に使える機能はないかを確認しておくことです。

布団乾燥機によっては、

衣類乾燥

靴乾燥

など様々な機能を兼ね備えている物もあります。

 

そのような布団乾燥機は、若干値段も張りますが、その分便利に活用することができるのです。

 

まとめ

布団乾燥機というのは、毎日使えば比較的高い電気代になってしまいます。

しかし、これは扇風機も、クーラーも一緒ですので、使用頻度を調整して電気代を節約することが大切になります。

 

また、ダニ退治モードを使用すると、どうしても長時間使用しなければならなくなってしまうため、これも数日おきに使うなどの工夫が必要です。

これから布団乾燥機を購入しようとしているのであれば、是非この記事で紹介したポイントを参考に、自分に合った乾燥機を選んでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました