コインランドリーを活用して布団を洗濯しよう!布団の種類や値段、気を付けるポイントを徹底紹介!

布団を洗濯するならコインランドリー一択!

布団は洗濯機に入らないから洗えないし、天日干しをしたくても花粉が付くから干せない…

このような状況が重なって、布団はなかなか洗ったり干したりできない方が多いのではないかと思います。

消臭や雑菌をしてくれる便利なスプレーはあるものの、長年の間に溜まってしまった湿気は簡単に解消できず、カビやダニの発生によって気管支炎になったり、喘息になってしまったりリスクが非常に高くなってしまいます。

大人ならまだしも、子どもにそんな布団で寝かせるとなると、いろいろ悩んでしまいますよね。

そんな家で布団の洗濯が厳しい方に是非おススメしたいのが、『コインランドリー』です。

最近はオシャレなコインランドリーが増えており、ニーズが高まっているので気軽に布団を洗える環境が整いつつあります。

今回は、まだコインランドリーで布団を洗濯したことがない方へ、コインランドリーにおける布団の洗濯をご指南したいと思います!

そもそも、コインランドリーといってもどんな布団でも洗えるの?

布団を洗濯したことがない方の中には、そもそも布団を洗濯機にまわしても良いのだろうか?と疑問を持ってらっしゃる方もいるかなと思います。

なかなか手洗いは根気が要りますし、脱水も難しいので洗濯機が一番かなと思いますが、洗濯機はちょっと乱暴なイメージがあるので繊細な布団は耐えられるのか?と不安になるのも無理はありません。

実はコインランドリーで洗える布団はどの素材が使われているのかで決められており、「洗濯機OK」な布団でなければいけません。

ちなみにコインランドリーで洗える布団は、「ポリエステル」「羽毛(ただし条件あり)」の2種類です。

ポリエステルは洗濯に適しているくらいに強い素材となっており、どちらかというと洗濯を推奨としている素材と言っても過言ではないくらいです。

ポリエステルは吸湿性が低く、よく水を弾きますので、濡れたとしてもすぐに乾いてしまう性質を持っています。

そのため、カビなどといった雑菌も繁殖しにくく、快適な睡眠を提供してくれるのです。

ちなみに、羊毛であっても、ポリエステルと1:1で入っている布団であれば、コインランドリーで洗濯が可能となります。

羊毛は非常にデリケートな素材であるため、羊毛100%ではコインランドリー不可となりますのでご注意ください。

そして羽毛ですが、高級なイメージがあり洗濯には適していないと思われがちですが、キルト加工されていれば、コインランドリーでの選択も可能となります。

キルト加工によって均等に羽毛が入っている状態が保たれるため、中の羽毛が偏るような起こらないわけですね。

コインランドリーはいくらかかるのか?

続いてコインランドリーの値段を見てみましょう。

布団をコインランドリーで洗う過程としては、「洗濯」と「乾燥」の2段階となっています。

まず「洗濯」についてですが、だいたいの目安は以下になります(お店によって多少前後します。)

Sサイズ(約12kg):600円前後

Mサイズ(約17kg):800円前後

Lサイズ(約25kg):1200円前後

シングルの羽毛布団だと、だいたいSサイズで収まりますね。

セミダブルやダブルの羽毛布団になると、Mサイズにランクアップします。

掛布団は軽いのですが、敷布団になると重さが増すため、サイズは1ランク上になるイメージとなります。

「洗濯」は布団だけでなく一般的な洗濯もありますから、洗濯機のサイズが3種類ある場合が多いです。

一方、「乾燥」になると、種類はだいたい2種類となります。

およそのお値段の目安は、以下の通りです(お店によって多少前後します。)

Sサイズ(約14kg):8分前後で100円

Lサイズ(約25kg):6分前後で100円

シングルの羽毛布団だと、乾き切るまでおよそ1時間となりますので、だいたい洗濯と乾燥合わせて1000円かかるイメージとなります。

コインランドリーに設置されている洗濯機や乾燥機は業務用とも言えるべきパワフルなものになっていますので、特に乾燥機の高温により、生乾きの際に発生するイヤな臭い(最近の繁殖です…)を防ぐことができます!

コインランドリーは便利だが、気を付けるべきポイントあり!

最近のコインランドリーは24時間営業であることも多く、深夜は数少ない乾燥機が空いていたりするなど非常に便利となっています。

副業としてコインランドリーを経営する人が増えてきているため、街のコインランドリーは増加傾向にあります。

ただ、コインランドリーが身近になっていく中で、気を付けるべきポイントがあります。

それは、コインランドリーに潜む「犯罪」です。

度々ニュースに取り上げられることもあるのでご存じの方もいらっしゃるかと思いますが、下着泥棒であったり、深夜徘徊していたりなど、深夜のコインランドリーは危険が潜んでいます。

よって、コインランドリーを利用する際は日中にして、深夜のコインランドリーは利用しないようにすることをお勧めします。

ほとんどのコインランドリーでは防犯カメラが設置されていますが、防犯カメラは防犯という側面では有効であったとしても、いざ犯罪が起きてしまうと役に立ちません。

安心してコインランドリーを利用するためにも、利用は日中に、またできるなら一人では利用しないように心がけたいものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました